当キャンパスでは、いろいろな生徒が高校卒業や自分の夢に向かって頑張っています。

  • 不登校から登校できるようになった
  • 通信制高校に通ううちに夢を見つけた
  • やりたいことを見つけた
  • 不登校だったけど大学に進学できた
  • 社会人だけど両立して卒業できた
  • 持病があるけど療養しながら卒業できた

卒業生の声を、ほんの一部ですが紹介します。

卒業生の声・合格体験記

桃山学院大学に合格・森川くん

森川先輩のプロフィール
  • 高校受験で全落ち
  • 偏差値(なし)→桃山学院大学の入試得点8割越え

通信制高校に通うきっかけは、高校受験の失敗。

高校受験って、誰でもどこかに合格するって思ってました。
でも自分はどこにも合格できなくて、ショックでしたね。
仕方がないので通信制高校に入学しました。

でも、絶対に「合格」してみたいという気持ちは高校1年生の頃から持っていました。

通信制高校だから、高校1年生から受験科目を絞ることができた。

大学に行きたいというよりも、試験に合格したい、もう2度と「不合格」と言われたくないと思いました。
通信制高校の先生は大学受験のプロということで、自分にあった受験方法を教えてくれました。

私立大学の3科目受験です。

高校1年生の時から、大学受験科目を絞って勉強できました。

周りからの批判も、受験勉強のパワーにした。

通信制高校に行っていると、近所の同級生にいろいろ言われたこともありました。
通信制高校なんてダメだとか。

批判されるとちょっと暗い気持ちになったりしましたが、先生がめちゃくちゃ励ましてくれて。
お前はできる、絶対に合格しろ」と、何度も励ましてもらいました。

周りの人に何と言われても、大学に合格できれば人生変わると思って頑張りました。

受験勉強で理解できないところは理解できるまでとことん解説してくれたのも心強かったです。

大学に合格して、今までバカにしてきたやつを見返したかったのかもしれません。

第一志望の桃山学院大学に合格した今は、見返したいとかは思っていなくて。
大学生になれることが楽しみです。

看護専門学校に合格・阪南市Sさん

Sさんのプロフィール
  • 前の高校で人間関係に疲れてしまった
  • 辛くて涙が止まらず不登校に
  • 通信制高校に転校し看護専門学校へ

人間関係に疲れて通信制高校へ転校

前の高校で先生と合わなくて。先生から嫌がらせを受けているような感覚になってしまって、登校できなくなったんです。
進学校にいたので、親には「頑張れ」と言われていました。

でも、きっと心が限界だったんだと思います。

校門の前に立つと震えて、涙が止まらなくなって、それ以上は教室に近づくことができませんでした。

でも進学はしたかった。
だから、進学のフォローが手厚そうな通信制高校へ転校しました。

通信制高校は不安でいっぱい。でもすぐに打ち解けた。

通信制高校という新しい環境に行くにあたって、友達はできるのか?進学したいけど勉強はできるのか?と不安だらけでした。

でもキャンパスのみんなは、みんな優しくて、毎日が楽しかったです。

通信制高校に来ている子はみんなそれぞれに嫌なことを経験してきたりするので、きっと、みんな優しいんだと思います。

通信制高校は自由

通信制高校は、決まった時間割があるわけではないので、自由です。
時間を有効活用できるので、自分には合っていたと思います。

受験勉強もしましたがアルバイトもしていました。
アルバイトしたお金で、好きなアイドルのコンサートに行ったのも楽しかったです。

キャンパスのみんなと喋ったりするのがすごく楽しく、あの時転校を決めた自分を褒めてあげたいです(笑)

看護専門学校の受験対策は個別指導してもらえた

看護専門学校の入試は、国語と小論文と面接だったのですが、どれも個別に指導してもらいました。
勉強は自分が分かるまで質問できたので良かったです。

面接も、何度も練習してもらいアドバイスをもらいました。
受験対策を個別に考えてもらえたのが良かったです。

通信制高校に不安がある人もいると思いますが、毎日楽しかったです!
皆さんも頑張ってください!