高校卒業後の進路や将来の夢として、看護師になりたいという子が増えています。
看護師というのは国家資格であり、安定した職業というイメージがあります。
人の助けになったり社会貢献にも繋がる看護師に憧れる高校生は多いようです。

通信制高校から看護師になる方法がありますので、紹介します。

動画では、看護学校へ合格するための3つの秘訣についてお話ししています。
看護師になりたい!という人はぜひチェックしてみてください。

通信制高校は卒業して終わり・・ではなく、進学することで将来の夢を叶えます。

通信制高校から看護師になる方法

看護師になるには、高校卒業後に看護師の資格を取ることになります。
つまり、通信制高校を卒業後の進路として、看護師資格が取れる場所に進学すれば良いのです。

通信制高校を卒業後、看護師になるには、3つの方法があります。

  • 看護専門学校に進学する
  • 看護学科のある短大へ進学する
  • 看護学科のある4年制大学へ進学する

看護専門学校に行く

看護専門学校は、3年で卒業し、看護師の国家資格を目指す学校です。
看護師専門学校では、国家資格への合格率が高いのが特長です。

看護学科がある短大に行く

看護学科のある短大は大阪にはそう多くはありません。
短大の場合も、3年で卒業し、看護師の国家資格を目指します。

看護学科がある4年制大学に行く

看護学科のある4年制大学は、4年で卒業し、看護師の国家資格を目指します。
看護学科のある4年制大学は、4年かけて看護の勉強をしていきます。

看護専門学校・短大・大学のメリットとデメリット

看護専門学校に行くのか、看護学部のある大学や短期大学に行くのか、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

看護専門学校のメリットとデメリット

看護専門学校に行くメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

 

看護専門学校のメリット
  • 最短3年で看護師になれる
  • 3年間なので4年制大学と比べて安く済む
  • 4年制大学と比べると入試の難易度が低い
  • 看護師になるための専門学校なのでもう将来に迷わない
  • 早く就職できる
看護専門学校のデメリット
  • 3年という短い期間で国家資格の合格を目指すので忙しい
  • 忙しいので在学中に遊べる時間が少ない
  • 就職して数年後に、大卒の看護師と比べて給料に差が出ることがある

短大の看護学部のメリットとデメリット

看護学部のある短期大学に行くメリットとデメリットをまとめてみました。

短期大学・看護学部のメリット
  • 最短3年で看護師になれる
  • 3年間なので4年制大学と比べて安く済む
  • 4年制大学と比べると入試の難易度が低い
  • 早く就職できる
短期大学・看護学部のデメリット
  • 3年という短い期間で国家資格の合格を目指すので忙しい
  • 忙しいので在学中に遊べる時間が少ない
  • 大阪府内に短大があまりないので選択肢が少ない
  • 就職して数年後に、大卒の看護師と比べて給料に差が出ることがある

大学の看護学部に行くメリットとデメリット

4年制大学のメリット
  • 4年かけて看護を学ぶので時間に余裕がある
  • 就職後に大卒とそれ以外の看護師では給料に差が出ることがある(大卒の方が高い
看護専門学校のデメリット
  • 専門学校などと比べると入試が難しい
  • 専門学校や短大よりも就職が遅くなる
  • 他の資格も目指せる大学の場合は、心変わりしてしまって看護師になることを諦めるかもしれない
  • 4年分の学費なので専門学校などと比べて学費が高い