高校辞めたいけど大学行きたい

大学に行きたい。
でも、大学に行くには高校を卒業することが必要。

高校、辞めたい。
でも大学に行くには高校を卒業することが必要・・。

高校を辞めたいと思う人にはそれぞれ事情があります。

高校に行けない理由がある。

  • 高校に行くのが憂鬱な気持ちになる
  • 高校生活に馴染めない
  • 友達にいじめられる
  • 高校の先生が嫌だ
  • 今の高校に合わないと思う
  • 高校辞めたい

人は様々な理由で高校を辞めたい気持ちになります。

大学に行く方法

大学に行くための手順を説明します。

  1. 受験勉強をする
  2. 大学を受験する
  3. 高校を卒業する
  4. 大学に合格する

多少の前後はあれども、こんな手順をふんで大学に行くことになります。

 

高校辞めたいけど大学に行くには?

そうです。
大学に行くには、高校を卒業しなくてはいけません。

正確に言うと、大学に行くためには

  • 高校卒業見込みである
  • 高校卒業した
  • それに準ずる資格がある

大きく分けてこの3パターンになります。

高校卒業見込みであるというのは、大学受験の時点ではまだ高校を卒業していなくて、高校に在籍しているということです。
(大学に現役合格する人は、高校卒業見込みの人です)

高校を卒業したというのは、浪人生のことですね。

それに準ずる資格があるというのは、高卒認定試験のことです。
高校中退したけど、高認の資格がある場合には大学受験をすることができます。

つまり、高校中退したままでは大学を受験することはできないのです。

 

今の高校を辞めたいけど・・?

いろんな理由があって今の高校を辞めたい人も、大学進学の夢は諦めないでほしいです。

通信制高校に転入して高卒資格を取り、同時進行で大学受験の勉強をすれば大学に行くことができます。

通信制高校+大学って高いのでは?

今の高校を辞めたい場合、通信制高校に転入して大学受験を目指す方法があるとお伝えしました。

しかし気になるのは、学費の問題。

 

通信制高校と、大学受験のサポート校の料金について詳しく見ていきましょう。

通信制高校の料金

大学受験とセットでお薦めなのが、鹿島学園・岸和田キャンパスです。
岸和田キャンパスは岸和田市に校舎を構えるサポート校です。

鹿島学園の学費自体は、世帯の収入状況によって変わります。
鹿島学園に問い合わせてもらっても構いませんし、岸和田キャンパスに問い合わせていただいても大丈夫です。

(正確な金額は公的な書類を鹿島学園に提出することで判明します)

大学受験ができるサポート校の料金

通信制高校のサポート校は、料金が高いイメージですよね。

大手のサポート校では、大学受験の対応を含めると年間100万円以上もするところがあります。

通信制高校のサポート校でなくても、大学受験に対応するということは、つまりは予備校ということです。

予備校も、料金が高いイメージですよね。

通信制高校の場合は残りの単位数などによっても学費が違ってくるので、一度お問い合わせください。

 

鹿島学園・岸和田キャンパスの大学受験が安い理由

大学受験に対応している予備校やサポート校は、高いですよね。

どこでも高いです。

じゃあ、なぜ鹿島学園・岸和田キャンパスの大学受験コースは安いと言われるのか。

それは、多くの人に大学進学というチャンスをつかんでほしいからです。
大学に行けば人生が変わります。
高校を辞めたいとネガティブな気持ちで生きるよりも、大学に行きたいと前向きに生きるほうがいいですよね?

高校を辞めることが問題なのではありません。
そこからいかに人生を好転させるかが重要なのです。

今の高校は辞めたいけど大学には行きたいという人は、一度お問い合わせしてみてくださいネ。